歯磨き粉の選択は慎重に!

研磨剤を含んでいない歯磨き粉を選ぶ

ホワイトニングの効果が期待できる歯磨き粉を購入するときには、研磨剤を含んでいないものを選ぶようにしましょう。研磨剤を大量に含んでいる歯磨き粉を購入すれば、歯の表面についている汚れを落とし切れるようになってきます。汚れを綺麗に落とすことができれば、自然な白さを手に入れることができるでしょう。ただ、研磨剤を含んでいると、歯の表面を削ることになるので、知覚過敏を起こしやすくなってしまうのです。一度知覚過敏を起こしてしまうと、その状態を改善することは難しくなってきます。
歯の健康を考えたときには、負担が大きすぎる研磨剤を含んでいないものや、配合している量を制限している歯磨き粉を選んでみるようにしましょう。

配合している添加物に注意する

海外製の歯磨き粉は、ホワイトニング効果も高くなっています。ただし配合している成分が国内製の歯磨き粉とは大きく異なっているため、購入する前に成分について確認するようにしましょう。
歯磨き粉の成分を保つうえで添加物は必須となっています。防腐剤をはじめとする添加物が入っていることで、歯磨き粉を長く使っていくことができるのです。製品の品質維持の点でも添加物の配合は仕方がない部分はありますが、必要以上に添加物が入っていると、歯を磨いている時に口腔内の粘膜から吸収されやすくなります。体の健康を考えたときには、過剰に添加物を含んでいない歯磨き粉を選ぶようにしましょう。添加物の量と質を確認してから購入すれば、安心して使用できます。