効果的で丁寧なブラッシングが決め手

着色汚れを防ぐにはブラッシングが大切

口腔内のケアは、丁寧なブラッシングが大前提です。毎食後に必ず歯磨きをすることで、虫歯や歯周病などが発生するリスクを抑えることが出来ます。またブラッシングはお口の中の健康だけでなく、見た目にも大きな影響があります。
当然ながら歯は白く輝いていることを、誰もが望みます。しかし、食事などの影響によって歯が着色汚れしてしまうことは、ある程度避けられないことでもあります。カレーやチョコレート、コーヒー、お茶などは着色汚れを起こしやすい食べ物とされております。また、タバコも歯の汚れの大きいな原因とされております。タバコは健康の為にも止めた方が良いですが、食事に関しては着色汚れを起こしやすい食べ物を全て廃除することは出来ません。その為、食事の後のブラッシングが歯の白さを保つ為には、重要となります。

ホワイトニング後もブラッシングが大切

食後のブラッシングは着色汚れを防ぐには効果的ですが、完全に歯の汚れを取り除くことは難しいです。ホワイトニングに効果のある歯磨き粉を使用することも得策ですが、それでも完全に白い歯にすることは出来ません。その為、着色汚れを起こしてしまった歯を白くするには、歯科医院でホワイトニング治療を受けることが必要となります。ホワイトニングには歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、自宅で行うホームホワイトニングがあり、それぞれホワイトニングの効果や持続期間などが異なりますので、希望の方法を選択することが出来ます。
歯科医院でホワイトニング治療を行った場合でも、時間の経過と共に歯は再び汚れて行きます。ですので、歯の白さを出来る限り継続させるには、ブラッシングが大切になります。折角、ホワイトニングを行ったにも拘らず、すぐに汚れてしまっては勿体無いですし、費用負担も大きくなりますので、正しいブラッシングで歯の白さを保つことが大切です。